【07月20日】ラウワン横浜駅西口店:第12回ヨコニシリーグ第2週

0

    先日頂いたボールをプラグ・ドリルする際に

    従来よりスパンを少し広げたらどうでしょう

    ?と榎本ドリラーに相談したところ、試しに

    開けてみましょうという事になり、開けてみ

    たところ投げ易さがアップしました。

     

    これを受けてエースボールも少し広げていた

    だいて、いざヨコニシリーグへ。

     

    今週はD地さんとT井さんとの3人対戦で、

    自分は16番レーンで投球します。

     

    ヨーロピアンルールで行われる事から、練習

    ボールでストライクが4発続いたところでレ

    ーン変化しないように投球を終了する位の余

    裕がありました。

     

    1G目はD地さんとの対戦でしたが、スター

    トでストライクが出たものの、続く2フレで

    5・7番スプリットオープン。4番ピンが5

    番と7番の間でものすごく回っていましたが

    5番・7番に届かず不運でした。

     

    3フレは嫌な感じのテンピンタップでしたが

    これをカバーしたらその後5発続いてくれま

    した。

     

    9フレは6本カウントでしたが、これをカバ

    ーして終わってみたら221で勝利しました。

     

    2G目はT井さんとの対戦で、ここもスター

    トからダブりましたが、13番レーンで絶対

    王者S貝さんが5発続いているのが目に入っ

    てしまい、心が揺れたか投球はBIG4。

     

    これ以降ストライクがなかなか出なかったも

    のの、8フレでストライクが出ていざ反撃!

    を意気込んだ9フレ…痛恨の5・7番スプリ

    ットオープン。続く10フレは集中力が切れ

    たか、2・5・8番をカバー出来ず連続オー

    プンの166で負け。

     

    最終3G目はブラインド対戦でしたが、スタ

    ートの2・5番残りで嫌な感じがしたらチョ

    ップ炸裂してオープン。

     

    そして4フレで1・2・4・10番のワッシ

    ャー炸裂、続く5フレはまさかの全く同じワ

    ッシャー、再現性とか言ってられません。

     

    虫の息で投じた6フレの1投は入りが良く…

    まさかのセブンテン!自分の球筋ではめった

    にセブンテンは出ないのですが、よりによっ

    てここで出ました。これでジエンドの144

    敗戦。

     

    221−166−144は531でトータル

    ピンでもD地さん、T井さんに敗れました。

     

     

    今日の分岐点は2G目の3フレのBIG4で

    しょうね。調子が良かったのによそを気にし

    て自滅してしまいました。

     

    余談ですが、これまでポテンシャルが発揮出

    来なかった「アストロフィジックス」を再プ

    ラグ・ドリルに出して仕上がって来たのでリ

    ーグ終了後の反省会で投げてみました。

     

    今回のポイントはVAL角20度という、一

    歩間違えると全て突き抜けかねないレイアウ

    トですが、投げてみたら自分好みの面白いボ

    ールになりました。

     

    来週のヨコニシリーグではアストロフィジッ

    クスの抜擢もアリかと考えています。

     


    人気ブログランキング


    【07月13日】ラウワン横浜駅西口店:第12回ヨコニシリーグ第1週

    0

      3月開幕予定でした第12回ヨコニシリーグ

      も4ヶ月遅れでようやく開幕です。

       

      当面はコロナウイルス感染対策ルールでヨー

      ロピアン投球となっております。

       

      第1週は前日のプロショップ杯でもご一緒し

      たKAZUさんと久々参戦した強豪H中さん

      との対戦です。

       

      今回割り当てられた最内13番レーンはメン

      テナンスを最初に行うからかオイルが薄く、

      レーン変化が速い傾向があります。

       

      練習ボールの感触ではエースボールのシフト

      ロックLTDは入りが強いので、激走りのル

      ディキュラスソリッドにするか迷うところで

      す。

       

      1G目、ルディキュラスソリッドの激走りに

      賭けましたが、3フレで4・5番スプリット

      をオープンにしたところでエース投入です。

       

      入りが強いからか4・5・6フレでいずれも

      4番残りでしたが、7・8フレで待望のダブ

      ルが来たものの9フレで再び4番残りで19

      3止まりでH中さんは220台の遥か彼方で

      負け。

       

      2G目はブラインド対戦でしたが、このゲー

      ムは腕が振れていたか多少のミスはボールの

      勢いでカバーして、2フレの4番残りの他は

      全てストライクの準パーフェクトで280で

      勝ち。

       

      3G目はKAZUさんとの対戦でしたが、6

      フレ7フレのダブルから伸ばす予定が8フレ

      9フレいずれも4番残り。

       

      9フレ終わってKAZUさんにワンマークリ

      ードしていたものの、KAZUさんが10フ

      レでダブって逆転されました。

       

      ならばこちらもダブル返しで再逆転、と10

      フレ1投目でストライクを出し2投目勝負と

      なりました。

       

      投じた1投は…この日8度目の4番残りでジ

      エンド、KAZUさん曰く「慎ちゃんが前の

      ゲームでBIG打ってたから2つは無いと思

      ってたから楽だったよ」と余裕の発言。

       

      193−280−207でスクラッチ680

      は表彰対象外の玉置プロを除けばトップなの

      でこの調子で頑張りたいと思います。

       

       

       


      人気ブログランキング


      【07月12日】ハマボール:ヒサカプロショップ杯

      0

        開始前の抽選で引いたクジは大外19・20

        番レーン、一般客利用の頻度が高いレーンな

        ので一癖ありそうなところを引いてしまいま

        した。

         

        当初4人ボックスで予定しておりましたが、

        キャンセルがあり2人ボックスでスタートで

        す。

         

        練習ボールを投げてみて、基本的に5枚目真

        っ直ぐで良いとは思いましたが、左右のレー

        ンでは差を感じました。

         

        1G目、2フレでストライクが来たものの5

        枚目より外ミスは許されるものの内ミスする

        と入りが甘くなるという展開。

         

        7フレで入りが甘く5本カウントをカバーし

        きれずオープンとし、10フレも入りが甘く

        ノーヘッドでオープンの164。

         

        2G目に流れを変えようとエースボールのム

        ーブメントムゲンからマスターソニックにチ

        ェンジするもこれが裏目に出て4フレ迄で3

        オープン。

         

        こうなったらエースと心中だ…と再びボール

        をムーブメントムゲンに戻した5・6フレで

        初ダブルを取り、8フレでテンピンをカバー

        ミスしたものの9フレからオールウェイの1

        82。

         

        リリースに注文をつけた事で縦回転が強く出

        てボールがまとまり出しました。

         

        3G目はスタートでカバーミスをしたものの

        待望の長距離砲が炸裂して6発続いてくれま

        した。

         

        6発続いて最終10フレ投球前に「これオー

        ルウェイで250台まで行くなぁ…」とか思

        うと欲が出てテンピンタップします(笑)

        これをカバーして236。

         

        3G目にスコアが伸びて、借金返済まで残り

        18かぁ、頑張るぞ…などと思って4G目ス

        タートでいきなりテンピンタップ、嫌な感じ

        がしたら案の定外します(苦笑)

         

        とはいえ、迷いが無いので後は自分が上手く

        投げられるかの戦いで5フレから待望のター

        キー、8フレは惜しくも3番が残りますがこ

        れを痛恨のカバーミス、このゲームのプラス

        とトータルプラスの目を自分で潰してしまい

        ました。

         

        結果196終了で164−182−236−

        196にハンデ16×4を加えて842は8

        位でした。

         

         

        所々甘い所はありましたが、今回がプロショ

        ップ杯デビュー戦のKAZUさんが同ボック

        スで競りかけてきた事も有り、粘り強く投げ

        られました。

         


        人気ブログランキング



        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM